幽霊船は海で踊る

日記だったりなんだったり。

最近読んだ本の話

気付けば一ヶ月もブログを更新していなかったらしい。

 

最近読んでよかった本のことでも書こうと思う。

といっても、遅読なので、先月読んだものがほとんどである。

 

蜜蜂と遠雷』著:恩田 陸

2016に刊行され、直木賞本屋大賞を受賞した有名作で、今年の10月に映画化することでまた話題となっている作品である。が、残念ながら知らなかった。おそらく本のことを考える間がなくなった時に出ていたせいだろう。

ともかく、その作品を最近読んでいる。上下段500ページと、なかなかの分量だが、その見た目に怯んだわりには読みやすくするすると読める。……あと100ページほど残っているのだが。

4人のピアニストの話なのだが、4人それぞれに色が違っておもしろい。クラシックのことはあまり詳しくないのだが、つい最近読んだ『羊と鋼の森』(またもや話題作を最近読む私である)にも、ピアノの調律で音が変わること、ホールでは客の入りや構造によって響きも変わってくること、弾く人によっても音が違うことを学んでいたので、あぁやっぱり変わるんだなぁと無知ながら思っている。

あまり内容に触れると安っぽくなってしまうし、すべて伏せると語彙がなくなる。難しいものである。でもおもしろい作品なのでぜひ読んでほしい。

これを映画化するのか……といささか不安であるが(事実キャストに首をひねっている)、映画も少し気になる。ピアノの描写が詳しくされているが、果たしてそれはどこまで再現できているのだろうか。

 

『天国はまだ遠く』著:瀬尾まいこ

『そして、バトンは渡された』が本屋大賞を受賞したものの、当作は読む気はなく、しかし瀬尾まいこ作品は未読で気になったので、とりあえず気になったこの本を選んだ。

なにもかもが嫌になった主人公が、死に場所を探して京都の奥深くに行くのだが、山奥の民宿の番頭との出会いから変わっていく、といった話である。

薄い文庫本なので、気軽に読めるし、心穏やかに読めていい本である。

 

『地図男』著:真藤順丈

『宝島』が直木賞を受賞したが、読む気はなく(以下略)。古い作品だと思って手に取ったものの、文庫本自体は『宝島』を出版してから出たもののようで、本人によるあとがきがあった。まぁそれはそれでよい。

途中まで、なんじゃこりゃと思いながら読んでいたが、途中から「地図男」の存在が無性に気になり猛スピードで読んだ。それで終わりかぁ、とも思ったが、まぁ嫌いではない作品である。

 

『真夜中の動物園』著:ソーニャ・ハートネット

『銀のロバ』『木曜日に生まれた子ども』に引き続き、ソーニャの作品。2011年にオーストラリア児童図書賞受賞。2012年カーネギー賞候補になったようだ。

私の読んだ中では『銀のロバ』が一番明るく(それでもハッピーな話ではない)、『真夜中の動物園』が一番暗いテーマの話だったように思う。しかし、それを感じさせない独特の語り口で、やっぱりソーニャ作品はおもしろいなぁと思いながら読んだ。

しかし一番おすすめは『木曜日に生まれた子ども』である。

 

 

現在、桜庭一樹著の『小説という毒を浴びる』にて出てきて気になった本をチェックしている最中で、今は『クレーン男』を読んでいる。

それから、最近個人的にファンの古市憲寿による『百の夜は跳ねて』。数ページ読んで同じ名前の登場人物が出てきたときはうれしくなったが、そのキャラクターに顔をゆがめている。

そして最初に紹介した『蜜蜂と遠雷』。もう一ヶ月ほど読んでいるが。

現在読んでいるこの3作品すべて、良作な(予感がする)ので、ぜひ読んでほしい。

帰省の途

 

久しぶりに実家に帰ることにした。

理由はないに等しいのだが、挙げるとすれば「海が見たくなったから」だ。

別に海ならばどこでも良かったのだが、まぁ帰るだけでも孝行になるだろう。例え己の心が荒もうとも。

 

実家に帰ろうと決めたのはおおよそ1ヶ月前だったか。なんだか気分が沈み続けた時期で、おそらく「育犬ノイローゼ」なるものだったのだろうと自分で分析する。

まぁとにもかくにも、疲れていた。遠くに行きたかった。生活が少し変わったこともあったのだろう。私はまだ遠くへ行けるのだ、ということを証明したかった。

 

かくして帰省の途についているのだが、家に置いてきた犬のゴウが心配で仕方ない。

仕事終わりに急いで支度をし、ごはんをあげて、少しだけ触れ合ったが、この真っ暗の中、一人で待っているのだと思うと切なくて仕方がない。そんな思いのせいか、愛犬の恨みか知らで、バスターミナルまでもう少しのところで大いに迷った。

分からぬ道をひた歩き、ようやく見つけたインフォメーションセンターの人に道を聞き、せめて連絡しようとバスターミナルに電話をかけるも営業時間外。そうこうしながらも、なんとか一本遅いバスを無理無理確保してもらった。

帰るのやめようかな。

正直そう思ったが、まぁ仕方ない。自分を慰めようと買ったカップのアイスカフェオレは5分ともたずに飲み干した。

あぁ、バスの中で飲もうと思ったのに。けれどここで酒ではなくカフェオレにした私はえらい。

多少の手数料はかかったが、バスターミナルのおじさんの好意のおかげで170円で済んだ。これ幸い。予定は狂いはしたが、なんとかもとの線路に戻ったので、ここからは予定通り本を読もうと思う。

お疲れさま、わたし。

 

 

ちなみに、愛犬は帰省の間ほうったらかし、ということはないので、安心してほしい。

いろんなことをつらつらと とめどなく

 

感覚が過敏になる時期がある。

誰かのなんでもない言葉が刺さる。

テレビで言っていた内容が異常に気になって不安になる。

小説のただの風景描写が頭に残って離れない。

そういう時期が、ときどきある。

 

気にすることじゃないのは知っている。なんでもないことなのはわかっている。けれど、だからと言って直ることではない。

 

ただ、なんだか、嫌だなぁと思うのだ。

 

***

 

雨になると気分が沈むと決めたのは誰なんだろう。みんな雨が嫌いだと決めたのが誰なんだろう。

実際に、科学的な根拠はあるんだろう。

私だって気分が沈むことはあるし、天気に体調が左右されることもある。

だけど、雨は嫌いじゃない。

 

しとしとと降りしきる雨の音はどこか落ち着くし、ぱたぱたと傘に響く音も好きだ。

 

どうして雨の話をしたのかと言うと、今『言の葉の庭』を読んでいる。

映画で観たが、文章でも読みたくなったのだ。

以前、『言の葉の庭』が刺さって抜けない記事を書いた。それは文章になっても同じらしい。一文一文が、ちくちく刺さって痛い。

 

言の葉の庭』で雨は、「うまく歩けない」人の心を癒すものとして描写されているように感じる。それはそれで良い効果があるのだろう。それも分かる。事実私の心も癒しているのだから、結局それは間違いではないのかしら。

 

まとまらなくなってきたので、ここで終わる。

ネガティブウィーク

 

元来ポジティブ思考ではなく、むしろネガティブなほうなのだが、月に一度、そのネガティブが加速するときがある。

まぁそれは生理の1週間ほど前から2週間ほど続くのだが、それはまぁ見事に思考がネガティブまっしぐらになる。

どこからそんな思考になったんだと、振り返って自分で思うほど、負の連鎖に陥る。

そうやって、この期間はネガティブになる、とわかっていながらも、果たして本当に突飛な思考をしているのか、それとも、事実思うところがあってそうなっているのか、甚だ疑問でもある。

「そんなわけはない」と自信をもって言えることなど、そうありはしない。それが、他人の思考に関わることであればなおのことである。

 

おそらく今、そのネガティブ期間に入ってしまったのだが、私のこのモヤモヤは、例のごとくそのネガティブ期間によるものなのか、それとも正当な理由があってイライラしているのか。

 

どちらにせよ、なんだかこの期間のせいで、普段はなんてこともないことでさえ、楽しめないのは、本当にもったいないなぁと思うのが事実である。

まぁ人間の思考など、常として正しいものはなく、いつも形を変えているものではあるのだが。

追悼

ついにこの日が来てしまった。ちらっと聞いてはいたが、嘘だと信じたかった。でも嘘でないことなどわかりきっていた。加えて直前に聞いてしまった。どうしようもない事実だった。

 

推しが死んだ。

 

推しがとことん死なない人もいれば、とことん死ぬ人もいると思う。

私は後者だった。

しかし、最近ハマっていたのが、人外ばかりというか、サーヴァントだったり刀剣だったりしたから、この感覚を忘れていた。

でもそういえば、最近ハマっていた『進撃の巨人』ではエルヴィン団長が好きだった。彼も死んだ。

 

というわけで、ナランチャの死を悼む。

 

彼に言いたい。君はすぐに安心して気を抜くんだから、と。安心して未来の話をするのは、確実に終わってからするもんだ、と。

そういう、あどけない、純粋なところが好きだったのだが。

彼はきっと、鳥になったのだ。鳥になって、自由に飛びまわっていることだろう。

ひとりぼっちが何より嫌いな彼は、アニメ版ではフーゴの元へ、そしてアバッキオのところへ行ったのだろう。アバッキオと、天国で再会できていたならばいい。

みんな、彼がひとりぼっちを嫌うことを知っているから、ジョルノも花で彼を隠したし、故郷に連れて帰ると言ってくれた。

彼はきっと、もう1人ではない。私もずっと忘れないだろう。

今日の晩ごはんは追悼として、彼の好物のマルゲリータにしようと思う。

図書館に行った話

 

久しぶりに近くの図書館へ行ってきた。

といっても、つい3週間ほど前に行ったのが、正しい意味での久しぶりだったのだが、今日は家に人がいたこともあって、多少ゆっくりすることができた。

 

図書館で働くようになってから、別の図書館に行くと、見るところが変わる。

例えば、どんな特集を組んでいるかとか、新刊はどんなものを入れているのかとか。

単純に書架を見るだけでも違う。

 

3週間前に訪れたとき、私の記憶に反して、書架が汚く感じていたのだが(そしてそれは変わりなかった)、やはり仕事など関係なく、本を見ているのは楽しい。

目的があって来たのだが、ついわくわくしてしまい、予定の冊数を大幅に超えてしまった。

2週間で読める冊数など知れているのに、やっぱり「今しかない」と思える本と出会ってしまうと、我慢できないのである。

 

自分の働く図書館でも、本の声を聞いているつもりだったが、慣れない図書館に行くと、ことさら声が聞こえてくるようだ。あちらこちらに引っ張りだこで、困ってしまう。

ただ、これが慣れない図書館だからなのか、それともあの図書館だからなのかは謎である。

はたして、私の勤める図書館は、そんなわくわくを届けられているのだろうか。

続・犬の話

つい先日書いたばかりだが、また犬の話をする。

金曜日、警察署に手続きをしに行ってきた。これで正式に私たちの大事な家族ということになる。

出会いこそ急だったし、初めは家族のもとに帰れればいいと思っていたが、口輪の痕があるこの子を返しても大丈夫だろうかという気持ちもあったので、嬉しい。それに、犬は好きだ。

 

正式に我が家の一員となったことで、しなければならないことはたくさんある。まずは市役所への登録。前の家で登録されていたか分からないが、確認したところどうやらされていなかったようだ。まぁその辺はあやふやではあるのだが、登録できたので、迷子になっても安心だ。

もう迷子になってほしくないけれど。

 

あとはいろんなワクチン。先月からフィラリアやダニのお薬はもらっていたが、狂犬病はまだ手出しができなかったので、ようやく接種することができた。前回フィラリア検査のとき、もうこれでもかというほど暴れていたので心配だったのだが、その日は1日たくさん遊んでいたからか、私が絶え間なくおやつを口に入れていたからか、おとなしく接種してくれた。えらい。でもまだ混合ワクチンが残っているよ。がんばっておくれ。

 

去勢手術のことは、もう少し考えるとして、必要な予防接種をしたら、これでどこへでもお出かけができる。

今やいろんなところに、ペットの持ち込みができるカフェやレストランがあるから、いろんなところに一緒に行こう。

 

こんな風に、ゴウとの生活は楽しいけれど、朝の5時だかに起こすのだけは勘弁してほしい。